コラム

覚醒下手術

覚醒下手術とは何か?

そのものズバリ手術中に目を覚まして、運動神経や言語能力を確認して手術を行う今流行りの?手術の事。「Doctor X シーズン5 第7話」というドラマに登場する手術。

まさかこの私が実際に体験することになるとは…。

手術開始直後は普通に眠っているのが、途中に起こされる。めっちゃ眠い…。

でも、起こされる。

そして、右足動かしてや、右手グッパ、グッパしてとか、右手の指を一本ずつ動かしてとか言われる。それで動かなければ、そこで腫瘍摘出を止めなくてはいけない(ここが限界値という事?)それから、言語機能に障害があるかの確認、「動物の名前」や「今までに行った観光地」などなど?正直、今考えても思い出せません(笑)   

その間、約60分。

そして再び眠りにつく…。

大体の手術時間は約10時間(8時間という話だったが約2時間のオーバー)大学病院の手術にはちょっとした行列が出来るほどの列で一番最終のオペだったらしい。(ちょっと、うまく説明出来ない。まだ、言葉のリハビリが必要かも?)まぁ、成功すればいいんです。

手術室にはMRIと同時進行の様な設備がある。そこで、MRIで確認するらしいです。

 

放射線治療に続く…と思う。