ガジェット

WESTONE UM Pro30 ライトニング変換で聴く

昨日の深夜2017年に発売される新型iPhoneの発表会が行われたのは、そこら中でニュースになっていますね。

ただ、個人的な感想としては残念です。今回のiPhone8、iPhone8Plus、iPhoneXのどれもこれもイヤホン端子が付いていない。

iPhone7が出た時からイヤホン端子が省かれたのでもうiPhoneにイヤホン端子が付くことは無いのでしょうか?。来年発売が期待されるiPhoneSE2??もまさかイヤホン端子が無くなるのかな??

イヤホン端子が無くなってBluetooth接続で音楽を楽しむのもそりゃ良いのですが、音質とかを気にし出すとやはりケーブルで接続して聴きたいものです。

今メインで私が使っているイヤホンはWESTONE UM PRO30と言うものです。(結構お高いイヤホンです。もっと上を見たらキリがありませんが…)

このイヤホンをiPhone7で聴こうと思えば付属品のイヤホンジャックをライトニングに変換する不細工なものを接続しないといけません!ほんと!不細工!

こんな感じ(笑)

 

あ!黒いイヤホンジャックはUM PRO30の純正イヤホンジャックの部分でライトニング端子変換ケーブルを接続するとさらに不細工になるのでこんな感じのストレートタイプのジャックに交換しました(オヤイデ製)(要半田付け)

 

そこでiPhoneSEでイヤホンジャックから音楽を聴くのとライトニング変換してから聴くのではどちらが良い音か聴き比べてみました。

まずイヤホンジャック直差し

 

ライトニング変換では?

 

 

結論、以外とライトニングケーブルに変換した方が音がクリアで迫力が感じられたように私は思います。(ちなみに私は結構バカ耳かも…)

しかし、このようなバカ耳の私でもライトニングの方が良い音に聞こえたものは仕方ない(汗)

Bluetoothは使わないもののライトニング変換ケーブルでしばらく行くか…。で、結局新型iPhoneの8を買うのか???

Ps.

あと、おまけですがWESTONE UM PRO30についているイヤーチップはいけてない!!!非常に沢山付属しているがどれも私の耳には合わない!

で、いくつかイヤーチップを試してみたのですが、どうもSHUREのイヤホン(SE535)に付属されている純正のMサイズが私にはちょうど良かった。

 

(左のものがSHURE製ね)

WESTONEに付いているイヤーチップは頭を上に向ければ音が変わるという感じの糞仕様!(私の耳が糞なのかもしれませんが…)

でも、SHUREのイヤーチップ良いね(私には)

WESTONEのイヤーチップが好きじゃ無い人は一度お試しあれ(笑)